江戸川区でシステムを設置する事はとても意義のあることです。

Posted by admin

温暖化が進む地球環境の保護のために、各世帯から150万円を徴収すると政府が政策決定したら、世論は大反対して社会は大混乱に陥るでしょう。
自宅に太陽光発電システムを設置すると、現在平均的なサイズの一軒家に設置されている太陽光発電システムの平均価格は150万円前後です。
もちろん経済的、金銭的にも非常に大きなメリットがあるのですが、太陽光発電システムを設置する家庭は地球環境の保護や温暖化をこれ以上進めないために、150万円という大きな費用を負担しています。
なぜ江戸川区においても多くの家庭が、大きな金額を払って太陽光発電システムを設置しているかというと、発電システムの設置に必要な費用(平均150万円前後)は電気料金を150万円分先払いしている事になり、それにより地球の環境保護に大きく貢献できるからです。
太陽光発電システムの設置は地球を守り、しかも支払った費用は7年~10年かけて戻ってきますから、結局のところは無料で地球の環境保護に貢献しているのです。
これはとても意義あるお金の使い方ではないでしょうか。
一軒の家が排出する二酸化炭素は、地球規模で見るとわずかであっても確実に地球を温暖化させてしまうのです。
それを一旦太陽光発電システムの設置時に初期費用として150万円前後立て替えることにより環境を保護する事ができ、7年~10年後に立て替えた金額が戻ってきた後は逆にお金を発生させ続ける、発電設備としては非常に経済効率の良いシステムです。


« Previous Entries