江戸川区のイメージアップ

Posted by admin

太陽光発電は環境にいいといわれます。
確かに、恐怖の放射能を振りまく可能性の否定できない原子力発電やCO2を振りまく火力発電との比較では、明らかに太陽光発電はコストを抜きにすれば、安全で安心な発電方法であり、我が国の進むべき方向を示していることが明らかです。
東京都の江戸川区は福祉の進んでいる区として多くの都民から知られています。
そのために、人口は増加し続け、物価の低さも手伝って、住みやすい下町として親しまれながら、居住する人たちの満足度も高くなっています。
この江戸川区で太陽光発電を行うことになれば、福祉+エコということで区のイメージはさらにアップすること間違いありません。
多くの東京の地域が太陽光発電を行いたいと考えながら、有効な場所の確保ができないでいる中で、江戸川区は太陽光パネルを設置する場所をたやすく得ることができます。
それは他の区にはない強みであると考えられます。
江戸川区は東を千葉県に接し、その境に江戸川が流れています。
この江戸川は、河川敷が広く、水を被ることがほとんどありません。
また、私有地ではないために、太陽光パネルを設置する際に、土地の賃貸料を払う必要が無く、結果的に低コストで太陽光発電ができるようになるのです。
河川敷にはサッカーグラウンド、野球のグラウンド、テニスコート、ゴルフの練習場などがありますが、夏に日陰が無いことが悩みでした。
太陽光パネルの設置により、日陰もできるようになって、一石二鳥にもなるではありませんか。