売電事業は確定申告が必要か

一般的にソーラーパネルを使った発電というのは、何もしなくても副収入になってくれて便利だという意見が多く、大変多くの人が魅力的に感じているのは事実です。
屋根に載せておくだけで何もしなくても無料でお金を稼げるという意見もあります。
しかし、実はこの売電収入、税金の面はどうなっているのか説明をしているサイトは多くありません。
実際にどの程度稼ぐと課税対象となるのかが気になる人も多いので、事前に確認しておくことをお勧めいたします。

・ソーラー発電の売電は課税対象
大切なポイントなのですが、実はこの部分をきちんと説明しておかないと、何もせずに脱税行為をしてしまう可能性もあるので、ぜひ確認しておくことをお勧めいたします。
また、販売事業者でもよくわかっていない人もいる可能性があるので、ぜひ最寄の税務署や税理士に確認をしておくことを強くお勧めいたします。

・売電全てが課税対象ではない
課税対象となる部分の線引きが、素人には難しいのがこの売電収入です。
実際に導入するときには大変お得なのですが、経費を含めると課税対象になるのは痛いところでしょう。
実際に税務署側の答えとしては、雑収入という扱いになるので、売電収入は確定申告などが必要になる立派な所得となります。
とはいえ、売電収入といわれている収入は、その収入の中からかかった経費を引いて課税申告することができるということです。
つまり、ソーラーパネルなど全てをひっくるめたソーラー発電システムの費用を引いてから計算をすると、課税対象と成るのか否かとなります。
ちなみにこのソーラー発電システムの費用を経費として引くことができるのは、耐用年数といわれている部分の費用は購入した額を耐用年数で割ることによって出される額だそうです。
また、売電だけではなく自分自身で使った分の費用をも計算しておく必要があるので、かなり申請のときの費用が少なくなります。
なお、計算してみると確定申告が必要かどうかわかりますので、ぜひ計算をして見ましょう。
このとき、自分たちで使用した電気代金は引いて考えるのが一般的です。