太陽光発電をしたいけれど気になること

Posted by admin

太陽光発電の導入は我が家にとって憧れです。
導入するからには、実用に役立つ導入決定をしたいのですけれど、そのための投資は2百万円か3百万円とも言われています。
これだけの投資をするためには必死の覚悟が必要ですし、必死で失敗しないポイントを押さえたいと考えます。
これからは太陽交発電の導入で失敗しないポイントを上げてみます。
1 日照時間について
設置する住宅地点に於いての日照時間と住宅の向きによるパネルの設置向きが発電に適しているのかの検討です。
これにより、1日当たりの有効発電量が決まります。
2 設置状況
大切な住宅の屋根に設置するわけで、雨漏り、台風などの激しい気性に耐えうる設置工事と住宅に与える影響をチェックする。
3 耐久性
太陽光を受けるパネルと設置設備の耐用年数それとメンテナンス費用を把握する必要があります。
4 初期投資と、売電とランニングコストの関係
出来れば初期投資はローンで調達して、売電により初期投資とメンテナンス費用を回収したい。
その先は家庭電気使用量がゼロになり、さらに収入になる年数を予測しておきたい。
以上の事柄をしっかりと検討して、全てクリアーする確信を得た時が我が家の太陽光発電導入決定です。
日頃からこのように考えていますけれど、独力では無理です。
営業マンの力を借りて、しっかりと検討して確信を持ちたいと考えていますが、いかんせん販売業者の説明は今のところ、満足させてくれる説明はありません。
今後は時間をかけて、ネットなどで調べる方針にします。