東京の太陽光発電で注目すべき単結晶と多結晶

Posted by admin

東京で太陽光発電の導入がどんどんと進んできています。
実際に、このペースでしばらく導入が続いていくとも言われています。
東京は人口が多い地域ですので、特に多くのものが利用されていくべきです。
そこでその流れに乗って発電システムの導入を計画されている方もいらっしゃるでしょう。
その時には知っておくことがお勧めの事があります。
東京には発電システムを取り扱っている工務店も多いのですので、
少し手も良いところを探して活用していくべきでしょう。
そのためにも知っておかれるべき事があるのです。
それは、発電システムの単結晶と多結晶というものです。
あまり知っている方は多くはない可能性もありますので、注意してみていくべきです。
基本的に固体のシリコンを溶かし、冷やして固めたものが結晶シリコンといいます。
そしてその結晶シリコンですが、1つの大きな結晶からなる単結晶というものがあります。
もう一つが、多数の小さな結晶からなる多結晶となるわけです。
まず多結晶の特徴はコストの安さにあります。
大量生産ができますので、費用を抑えることが可能です。
ただし、 発電効率が落ちてしまいます。
一方で単結晶の特徴には、コストの高さというものがあるのです。
費用はある程度かかってしまうと理解しておくべきです。
そして発電効率のほうはかなり良くなります。
ですので、多くの電気を発電していくことができるというわけです。
以上の特徴を把握しまして、工務店選びやパネル選びをしていくべきです。