東京の中野区で設置を決意しました。

Posted by admin

私は東京の中野区に親から貰った自宅で子供2人の4人家族です。
私が太陽光発電に興味を持ったのは京都議定書で日本の二酸化排出量が決められてそのために太陽光発電や風力発電や地熱発電など再生エネルギーに興味を持ったからです。
しかし風力発電や地熱発電などは個人でできるものではありません。
資金的な問題を解決したとしても東京では無理です。
太陽光発電なら自宅の屋根に設置して手軽にできる再生エネルギーです。
設置コストも150万円くらいと聞いています。
それであれば自分でもできる訳です。
太陽光発電も屋根の形状や方向によって発電量がかなり違うそうです。
自宅が発電環境に適しているかどうか一度専門家に見てもらうことにしました。
自宅の周辺には高いビルは無く、
屋根の方向は南向きです。
素人考えですが自宅は太陽光発電には向いているのではないかと思っています。
しかし、
太陽光発電の一つの欠点として日中しか発電しないことです。
売電をするということであれば問題はありません。
電力会社と契約して日中の発電した電気を電力会社に売ります。
それによる収益も魅力です。
今電力会社と契約したら10年間同じ単価で引き取ってくれます。
また、
蓄電装置をつけて日中発電した電力を夜自宅で使用すると言うこともできます。
蓄電装置も3分の1くらいは補助が条件はあるものの受けられるそうです。
それをやれば災害時などにも使えます。
ただ少し気がかりは東京都の補助金は手厚いのですが中野区はそうでもありません。
中野区も新年度予算に太陽光発電の補助金を盛り込んでもらえたらと思っています。

« Previous Entries   Next Entries »