墨田区で両親と共に暮らす為に太陽光発電を考える

Posted by admin

私が太陽光発電に興味を持ったきっかけは、墨田区にある自宅に両親と一緒に住む事になり、
電気代が想像以上に嵩む様になった為です。
それまでは少し広い家に私が一人で暮らしていた上に、
仕事で家を留守にする時間も長かったので電気代も大してかからなかったのですが、
両親と一緒に住む様になってからは倍どころか三倍の電気代がかかる様になって驚きました。
両親は今まで実家で二人で過ごしていたのですが、
家屋の老朽化に伴い何処か引っ越さなくてはいけなくなり、
どうせならば私の家で一緒に暮らさないかと私が誘ったのがきっかけでした。
両親はしばらく悩んだものの、私の家の中を見て気に入ってくれたのか、
結局は親子揃って一緒に暮らせる事になりました。
問題になったのが、私が仕事で留守にしている間も両親が家に居る事になる上に、
両親が共に暑がりで寒がりな体質な為に夏場と冬場の電気代が凄まじい額になる事でした。
両親に楽な思いをしてもらいたいと考えて一緒の家で暮らそうと誘った手前、
電気代を節約してくれとも言えないので、良い方法が無いかと探して見付けたのが太陽光発電です。
丁度私の家は屋根だけは広かったので太陽光発電にも向いていますし、
日当たりも良すぎるぐらいの場所にありましたから、まさに打って付けだと考えたのです。
太陽光発電の業者さんにも、ここであれば相当良い量の発電が出来るだろうというお墨付きが貰えて安心しました。
私が太陽光発電で気に入った点は、もしもの災害の時に親に不便な思いをさせずに済むという点です。
両親も高齢な為に災害が起きて停電してしまった場合、夏の熱気や冬の寒さに身体が耐えられないのではないかと、
心配になってしまいますが太陽光発電さえあれば暑さや寒さを凌ぐ事は出来るはずです。
電気代が下げられるというだけでなく災害対策にもなるという私の気持ちを、
両親も感じ取ってくれたらしく嬉しそうな顔をしていました。
どうやら冷暖房を使いすぎている事を本人達も気にしていたらしく、
太陽光発電の御陰で今までよりも楽な気持ちで冷暖房が使えそうだと喜んでいます。